SAXmen.jp 良く鳴り良く響く選定サックス、マウスピースのみをネットで販売

初心者向け
サックス選定品・調整品
マウスピース(選定品)
ハンドメイドマウスピース
リガチャー
サックスケース
ストラップ
ベルバッグ(ネックポーチ)
リードケース
その他の商品
プレゼント
よくある質問
SAXmen.jpとは?


Meyer(メイヤー)New York(100周年記念モデル)レビュー

100周年を記念して発売されたメイヤーNew Yorkモデルです。
従来の(現行品)メイヤーの各モデル(MM、RC、G、MS、SM全て弊店の選定品です。)と吹き比べを行った結果、
弊店のお客様にも是非ともご紹介したいモデルという結論に達しました。

現行品の各モデルと比較して下記のような特長を有したモデルです。

もちろん奏者やリスナーの好みや感じ方による違いもありますが、
実際に試奏した弊店試奏担当者、現場に立ち会った2名のスタッフ、
そして私 神谷も同意見でしたので、以下、レビューさせて頂きます。

特長(1)音色が重厚、パワフルで高音部もキンキンしない
特長(2)上から下まで安定して鳴ってくれる
特長(3)音がコンパクトにまとまる
特長(4)レスポンスが良く音の強弱がつけやすい
特長(5)息を入れすぎても音が飛び散らずしっかりとまとまって鳴ってくれる


(1)音色が重厚でパワフルで高音部もキンキンしない
近年のメイヤーに対して軽めでかわいらしいサウンドというイメージを持っていたのですが 今回の100周年記念モデルは、ビンテージを意識しただけあり音色に大きな特長を感じました。
同じフレーズを吹いても明らかに重厚なサウンド
また、輪郭のしっかりとしたエッジの効いた音にも聞こえました。
近年のメイヤーの各モデルを演奏しているプレイヤーの方で、深みのある音色を欲しいという方は 一度試してみる価値のあるマウスピースであると言えます。

(2)上から下まで安定して鳴ってくれる
メイヤー現行品の特長として高音部分はどうしても音の線が細くなる等の印象がありましたが この100周年記念モデルは、下から上まで均等に良く鳴るように感じられました。
プレイヤー側が音域によって吹き方を変える必要がほぼないため、例えば初心者の方でも 下から上まで快適に演奏できるように感じられます。
試奏スタッフは、「コントロールに神経を使う必要がないため演奏自体に集中できる」という表現をしていました。

(3)音がコンパクトにまとまる
息をたくさん入れすぎた場合でも、音が飛び散らずコンパクトにまとまります
例えば、普段テナーサックスを演奏するプレイヤーでも、 沢山の息を吹き込んで快適に鳴らすことができるマウスピースであると 言えるのではないでしょうか。
息を入れ過ぎても音が飛び散らずコンパクトにしっかり鳴ってくれるようなイメージです。

(4)レスポンスが良く音の強弱がつけやすい
試奏スタッフによると音がスッと鳴ってくれるとの事で、強弱がとてもつけやすいとの事でした。
聴いていた私も、メイヤーの他のモデルよりも明らかに音の輪郭がくっきりとし、 音の強弱がはっきりと伝わってきました。
コンボ等小編成のバンドでももちろんOKですが、フレーズによって音の強弱を求められる ビッグバンドでの演奏にも最適だと感じました。

(5)息を入れすぎても音が飛び散らずしっかりとまとまって鳴ってくれる
試奏スタッフは、どちらかと言えば息を入れすぎてしまうタイプの奏者。
メイヤーのその他のモデルの場合、鳴らすために息を加減してコントロールしてあげる 必要があるようですが、今回の100周年記念モデルは、そのような苦労がいらないのだそうです。
息を入れすぎても詰まることなくちゃんと鳴ってくれる。 聴いていても、沢山の息を入れれば入れるほど、ボリュームが出て快適に、そして爽快に鳴っているのがわかりました。
上述した、「音がコンパクトにまとまる」という部分と重複しますが、テナーをメインで吹いていると どうしてもアルトを吹いたときに息が入りすぎてコントロールに苦労する、音色づくりに苦労するという傾向がありますが、このモデルであれば、そういう奏者でも快適に演奏できるのではないかと感じました。

以上、100周年記念モデルの特長をお伝えしました。

最後に、その場に立ち会った全てのスタッフが共通して感じた一番の特長は、 音色の良さでした。
もちろん、ビンテージのNYモデルと全く同じ個性とは言えませんが、 現在のメイヤー各モデルと比較して、その音色は明らかに重厚で深みがありパワフル
現代のメイヤーNYモデルとしての役割は十分に果たしているというのが個人的な感想です。




また、その重厚な深みのあるサウンドは、Selmerリファレンスのサウンドの特長にも相通じるものがあると 個人的には感じました。

もちろんプレイヤーの好みもあるとは思いますが、初心者の方から経験者の方まで アルト吹きであれば、一度は試しておきたいモデルです。
メイヤー現行品が今一つ、と感じているプレイヤーにも是非。
ちなみに付属のリガチャーは、かなり明るめの音色がします。 ダークなサウンドをお求めの場合には、ロブナーベルサ等をセッティングすると良い結果が得られると思います。

今回、5番と6番のみとなりますが、数本ずつ選定品をご用意致しました。
お得意様限定のご購入前の試奏サービスにも対応しておりますので、 関心ございましたらご活用いただければ幸いです。

Meyer(メイヤー)New York(100周年記念モデル)詳細ページ

オープニング
5M おおむねメイヤー5MMと同等
6M おおむねメイヤー6MMと同等

関連ショップ

商品チェック履歴

  • 最近チェックした商品はありません。