in ネックポーチ

サックスのネックポーチについて(選び方と弊店のおすすめ品)

サックスのネックポーチですが、

お使いのサックスケースがコンパクトで収納スペースに
余裕がある場合は、ベルの中に入れないにこしたことはないと思います。

ネックポーチに入れていても、中に入れるネックがサックス本体のベルに
ぶつかって衝撃が加わることには変わりありませんので。

しかし持ち運びやすさでサックスケースを選ぶ場合、
やはり収納は少なくてもコンパクトな方が断然良いです。

そうなるとやはりネックは、ポーチに入れてサックスのベル内に
おさめるのが一番場所をとらない収納方法
と言えます。

そこでネックポーチを選ぶ場合ですが、できることならば、
ネックを入れたときに中のものができるだけ動かないような工夫が
されているネックポーチの方が良いです。

そして生地はできるだけ厚手のものが良いですね。

Tsax

現在、様々なネックポーチが販売されていますが、
中には薄手の生地で内部には特に工夫がなされていないものもあります。

一見、シンプルで簡易的なところが良いようにも感じますが、
やはりサックス本体のベル内側とポーチに入れたネックとがぶつかってしまいますので
私個人的にはあまりおすすめいたしません。

それならばむしろ市販のネックポーチを使うよりも、
厚手のタオル等にネックをくるんで、動かないように工夫をして
ベル内に納めた方が良いのではないでしょうか。

先ほど申し上げたとおり、現在様々なネックポーチがありますが、
弊店ではWiseman製のBellBag(ネックポーチ)をご紹介しています。

wisemanBellbag_image

価格もそれほど高くありませんし、生地が厚手で、
そして内部に仕切りが設けられており、自由にその仕切りを動かすことができます。

こんな単純なアイディアではあるのですが、安全性と利便性が高く、
更には収納力もある、大変コストパフォーマンスの高い製品ではないかと思っております。

以上、サックスネックポーチ選びの参考になれば幸いです。

SAXmen.jp ショップへ