SAXmen.jp 良く鳴り良く響く選定サックス、マウスピースのみをネットで販売

初心者向け
サックス選定品・調整品
マウスピース(選定品)
ハンドメイドマウスピース
リガチャー
サックスケース
ストラップ
ベルバッグ(ネックポーチ)
リードケース
その他の商品
プレゼント
よくある質問
SAXmen.jpとは?


もうひとつの定番「Berg Larsen(ベルグラーセン)」

テレビコマーシャル等で流れる太くて艶やかなサウンドに魅了され、テナーサックスを始めたという方の中には テナーらしいサウンドが今ひとつ出せないとお悩みの方が結構おられます。

テナーサックスを購入し、ネットで色々と調べたり、またレッスンの先生に薦められたマウスピースで練習を始めたものの、、、

どうもテナーらしい太くて艶やかな音色がしない、、、

もちろん、すぐに良い音が出せるようにはなりません。

でもある程度演奏できるようになったにもかかわらず、そのようにお悩みの方は、
もしかしたらマウスピースのチョイスを間違っているのかもしれません。


一般的に、テナーサックスを始める場合、まずは音の出しやすいクラシック向きのセルマーのマウスピースを 使う場合が多いかもしれません。でもそれでは、テレビで聴いた、あの太くて艶やかなテナーサウンドは、中々出ません。

そして、次に多くの方が購入されるのがジャズテナーの定番「オットーリンクメタル」ではないでしょうか。



ジャズでテナーと言えば、やはりオットーリンクメタルというイメージがあります。
確かに往年のジャズの巨匠達の多くが使用したマウスピースですのでまずは使いたいマウスピースと言えると思います。
とてもオーソドックスで、シブくジャズらしい音が出せる私も大好きなマウスピースです。

しかし、このリンクメタルマウスピースでは、やはり出せない(出しにくい)音色もあります。

それが、テレビコマーシャルで聴いた、太くて艶やかなテナーサックスの音、かもしれません。。
(こればかりは、人によって目標とする音色が異なりますので何とも言えない所ですが、、)

そこで一度はお試し頂きたいのが、
ジャズテナーのもうひとつの定番「Berg Larsen(ベルグラーセン)」です。

オットーリンクと比較すると圧倒的に使っているプレイヤーが少ないため(恐らく日本では特に)、 その影に埋もれがちではありますが、このラーセン、実は、テナーらしい太くて艶やかな音色が出せるもうひとつの定番マウスピースと言うことができると思います。

つまりは、テナー吹きならば一度は試してみたいマウスピースです。

その特徴はというと、とにかくパワフルで良く鳴ります。
これまでオットーリンクを吹いていた方がこのラーセンを吹くと、とにかくよく鳴るので、まずはその爽快感を満喫できます。

そして、その音色は非常に明るく近代的なイメージもあります。ジャズだけでなく、ロックやフュージョン等でも十分に対応できる音色です。また吹き方によっては、演歌の歌伴等でも活躍するタイプのマウスピースだと思います。
更にはバンドで自分の音だけ埋もれてしまっているとお悩みのプレイヤーにもお薦めできます。
オットーリンクとは、個性の異なるマウスピースですので、そういう意味でも、もし今のマウスピースの音色や音量等に物足りなさを感じている方は、是非とも一度お試し頂きたいマウスピースです。

このBerg Larsen(ベルグラーセン)、吹き心地も良く、パワフルで小さな音でも良く鳴ってくれるマウスピースではあるのですが、どうして使っている人が少ないのか、、、、、



その原因のひとつに、リンクメタル等と比べると、若干、コントロールに技術を要するからではないかと思われます。

実は私自身、ずーっとオットーリンクのメタルを吹いてきたのですが、ラーセンは学生時代に一度吹いた記憶があります。とても良く鳴り、いわゆるテナーらしい音がするため惹かれたのですが、やはりコントロールが難しく、結局、使おうとは思わなかったんですね。

しかし今回ご紹介するBerg Larsen(ベルグラーセン)BULLET(ブレット)モデルは、そんな私にも吹けました。息がすんなりと入ってくれます。>それでもリンクメタルと比べるとやはり少し技術が必要になる印象はありましたが、恐らく使っているうちに慣れてくるレベルだと思います。

そういう意味で、このBULLET(ブレット)モデルがお薦めできます。

50年代の古いジャズが大好きで、いわゆる枯れた感じの音色を求めている人は別ですが、そうでない方には、是非、一度お試し頂きたいマウスピースです。私と同じようにコントロールが難しくて、敬遠してきたという方も是非試してみて下さい。

Berg Larsen(ベルグラーセン)BULLET(ブレット)モデル一覧ページ

各モデルの簡易比較(店長 試奏会に立ち会った主観による)
Berg Larsen(ベルグラーセン)メタル1M
明るく、ボリュームが出てパワフルなイメージ。

Berg Larsen(ベルグラーセン)メタル2M
メタル1Mよりもダークな音色。

Berg Larsen(ベルグラーセン)ブロンズ1M
メタルと比べて音色が明るくなるというよりは重厚感が増すイメージ

Berg Larsen(ベルグラーセン)ブロンズ2M
重厚且つパワフル、まさにダークな音色

メタルもさっぱりとして悪くないのですが、ブロンズの方が1M、2M共に重厚感が感じられ、 ゴージャスなイメージがあります。爽やかさを求めるのであればメタルの方がお薦め、 テナーのブリブリ感は、ブロンズの方が圧倒的に感じられます。



オープニング
95 おおむねオットーリンクメタル6*と同等
100 おおむねオットーリンクメタル7と同等
105 おおむねオットーリンクメタル7*と同等
110 おおむねオットーリンクメタル8と同等

リンクメタルよりも少し抵抗感が感じられますので、 普段お使いのリードよりも少し柔らかいリードで演奏されると良い結果が出しやすいと思われます。

表記の説明(100/2Mの場合は、次の通り。)
   100     2       M
オープニング チェンバー フェイシングの長さ

チェンバーは1が、明るくボリューム感が出ます。2は、比較的ダークで重厚な音色です。
フェイシングは、弊店取り扱いは全てM(ミディアム)。

Berg Larsen(ベルグラーセン)BULLET(ブレット)モデル一覧ページ
関連ショップ

商品チェック履歴

  • 最近チェックした商品はありません。